ケアギバープログラムの審査プラン発表。21年末までに6000人に発給予定。

2021年4月15日IRCCカナダ移民局は、パンデミックの影響を受け滞っていたケアギバー枠の審査を進めていく旨アナウンスしました。

●カナダでの就労経験を終えた最大6000人のケアギバーおよびその家族の永住権審査を2021年末までに行う。
●Home Child Care Provider および Home Support Worker パイロットプログラム申請者、少なくとも1500人以上について、第一段階審査を2021年6月30日までに行う。
●ケアギバー申請のデジタル化を進める。
●2021年5月31日までに、申請者にacknowledgement of receipt letters(申請受理確認)の連絡が届くようにする。

2021年3月3日現在、Home Child Care Provider および Home Support Worker パイロットプログラムの申請者も含め、約12000人のケアギバーおよびその家族の申請が審査待ちとなっているとのことです。なお、2020年に申請済みの方が再申請する必要はありません。

また2021年4月8日時点で、Home Child Care Provider パイロットプログラムは応募枠の86%に相当する約2357人分の申請が、Home Support Workerパイロットプログラムは応募枠の19%に相当する516人の申請が届いているとのことです。

出典

ケアギバープログラムに関するお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

CanaGo-Visaスタッフ

CanaGo-Visaスタッフ