WORK

Work in Canada
カナダで働こう

カナダでは様々な分野において外国人労働者が活躍しています。あなたの経験や技術を活かし、カナダで就労を経験してみませんか?カナダで働くには就労ビザ(Work Permit)が必要です。就労ビザといってもワーキングホリデー含め、様々なタイプの就労ビザがあります。大きく分けると雇用主が限定されているタイプ(Employer-specific work permit)と雇用主が決まっていないタイプ(Open work permit)の二つに分かれています。

雇用主が決まっていないオープンの就労ビザ

ワーキングホリデー(Working Holiday)

日本国籍を持ち、18歳~30歳までの方が申請可能。基本的に一生に一度のみ申請ができます。
ワーキングホリデー期間中は最大6か月までであれば通学も認められています。詳しくはこちら

コープビザ(Co-op Work Permit)

申し込みした学校のプログラムにインターンシップやプラクティカム、コープが含まれている場合に申請が必要な就労ビザ。プログラム(学業)の一環であるため、必ず学生ビザとセットになるビザで、就労時間、期間、就労先などは学校の指示に従わなければなりません。詳しくはこちら

ポストグラデュエーションワークパーミット(Post Graduation Work Permit)

主に公立(※)の8か月以上のフルタイムプログラムを卒業すると申請することができる就労ビザです。2年間通学をした場合、3年間の就労ビザを申請できるためカナダでの就労経験を得やすく、永住権申請につなげる可能性が高くなります。(※条件を満たす私立校も一部あります。)詳しくはこちら

配偶者用就労ビザ(Spousal Open Work Permit)

一定の条件下においては、配偶者もOpen Work Permitを申請することが可能になります。例えば妻が学生、夫が就労ということも可能になり、家族でカナダで生活が送りやすくなります。詳しくはこちら

ブリッジオープンワークパーミット(Bridge Open Work Permit)

Work permitや永住権の申請中に、条件によっては働きながら待つことができるよう、Bridge Open Work Permitというビザを申請できる場合があります。

雇用主が限定されているタイプ(Employer-specific work permit)

Foreign Worker Program(LMIAが必要な就労ビザ)

雇用主にサポートをしてもらって、就労ビザを得るという方法もあります。この場合、雇用主がまずは労働省に外国人を雇うための許可(LMIA)が必要になります。雇用主に「あなたを雇いたい」と思ってもらえるスキルやパフォーマンスが必要です。このビザは、その雇用主のものでのみ働くことが可能となります。詳しくはこちら

イントラカンパニートランスファリー(Intra-Company Transferees)

親会社と子会社、支店間で一時的な転勤の際に申請可能なLMIA不要な就労ビザ。シニアマネージャークラスや特別な技術・知識を持つポジションのスタッフ向けの就労ビザとなります。

代理申請サポートはもちろん、これから方向性を決めるために相談したいという方からのお問い合わも承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。