日本の警察証明/犯罪経歴証明書の申請方法

日本の警察証明/犯罪経歴証明書の申請方法

カナダ国内にいる場合:警察証明

最寄りの在カナダ日本大使館/領事館で警察証明の発行手続きをします。
手順や必要な物、予約の有無など、最終的な詳細は必ず各領事館/大使館にて直接ご確認ください。

在バンクーバー日本国領事館
在カルガリー日本国領事館
在トロント日本国領事館

1.指紋原紙を入手する

領事館/大使館窓口で、指紋原紙を入手します。
※指定原紙以外に採取した指紋は、日本の警察証明の申請に使えません。

※遠方に住んでいるなど、頻繁に領事館/大使館に足を運べない方などは
切手を貼った返信用封筒(ビジネス(81/2×11)サイズ)を領事館/大使館に提出し郵送ししてもらうという方法もあります。

2.カナダの警察署やFingerprint serviceなどで指紋採取を行う

場所:住所地を管轄する警察署
持ち物:領事館/大使館で入手した指紋原紙、ID(パスポートなど)

※領事館/大使館指定の指紋原紙以外は、警察証明の申請に使えません。
※地域によっては、警察署ではなく連邦警察認定指紋採取エージェンシーの場合もあります。
※必ずインクベースで指紋採取を行ってください。(デジタル不可)
※手数料や持ち物などの詳細は必ず警察署等に直接ご確認ください。

Visitorで滞在してる場合など、
政府発行IDが2つなくて警察署で手続きができないというケースがあります。
その場合は指紋採取エージェンシーで手続きができる場合もあります。
バンクーバー:Global Fingerprinting Services Canada Ltd
トロント:https://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/files/100149437.pdf

3.領事館/大使館に必要書類を提出する

必ず本人が出向きます。代理人や郵送による手続きは行えません。

持ち物
・指紋採取済みの指紋原紙
・申請書
・有効なパスポート
・そのほか管轄の領事館/大使館によります
※目的を立証する資料について:永住権申請の場合は不要です。ただしカナダ当局より再発行依頼があった場合は、政府当局からの文書等の提出が必要です。)

4.警察証明の受け取り

2~3か月程度かかるのが一般的です。
バンクーバーの場合は、領事館に取りに行きます。
トロントの場合は、カルガリー総領事館より郵送されます。
詳細は最寄りの領事館/大使館にご確認ください。

原則開封無効となります。ご注意ください。
また、カテゴリーによっては設けられている有効期限が異なります。
適切なタイミングで取得しましょう。

※領事館/大使館を通さずに、日本出国前に住民登録をしていた管轄区の各県警警察本部鑑識課(東京都は警視庁渡航証明係)等に直接手続きが可能な場合もあります。詳細は直接当該機関にご確認ください。

日本にいる場合:犯罪経歴証明書

日本にいる場合は、住民登録をしている管轄区の各県警警察本部鑑識課(東京都は警視庁渡航証明係、以下「警察署等」)等で手続きを行います。
以下は、一般的な申請の流れですが、必ず該当警察署等に詳細をご確認ください。

1.警察署等で、書類の提出と指紋採取を行います

主な持ち物
・警察署等指定の申請書
・ID(免許証や、パスポート、住民票の写しなど)
・提出先国(地域等)の公的機関から発行された、ご本人のお名前が記載されている書類等
など
※必ず、事前に該当機関に持ち物をご確認下さい。

2.犯罪経歴証明の交付

1週間から2週間ほどかかるのが一般的です。
受け取り方法は直接警察署等にご確認ください。

原則開封無効となります。ご注意ください。
また、カテゴリーによっては設けられている有効期限が異なります。
適切なタイミングで取得しましょう。