結果が出たら【ワーキングホリデー申請手続き】

カナダ国外(日本など)にいる方
カナダに入国をする時に、審査官に引換証を見せてください。
空港の場合、通常入国審査の後に行くように指示される移民局で手続きが行われます。

既にカナダにいる方
現在のビザが有効なうちに、再入国が必要です。
1.日本へ一度帰国し、カナダへ再入国をする際に発行してもらう
2.アメリカなど他国に旅行へ行き、カナダへ再入国をする際に発行してもらう
3.ボーダー(国境)に行って発行してもらう
※コロナ禍に特別に行われていたオンライン申請による原本郵送依頼手続きは終了しました。現在はオンライン手続きは行えません。

すでにカナダにいる方は特に注意をしてください

注意1:

ワーキングホリデービザを発行してもらう前(許可通知だけがある状態)に、

現在の滞在資格(学生ビザなど)の期限が切れてしまったら、

Overstay(不法滞在)になってしまいます。

現在のビザの期限が切れる前に、ビザを発行してもらってください。

注意2:

現在の滞在資格の有効期限に余裕をもって手続きをしてください。
期限ぎりぎりの場合、ボーダー(国境)でトラブルとなる可能性があります。

1.許可通知=引換証の確認

これは「許可通知=引換証」です。まだビザではありません

1行目:許可(Approved)された旨記載されています。名前のスペルミスがないか確認をしてください。

中央枠内
 ●ビザの種類(Type:Permit WP )
 ●有効期限(Must entrer Canada byの日付までにカナダに入国し正式なビザを発行してもらいます。)

中央枠の下
 ●eTA番号と期限
  ※ワーキングホリデー申請手続き後にパスポートを更新した場合は、新しくeTAの申請が必要です。

2.印刷

2ページ両方とも、印刷してください。白黒カラーどちらでも構いません。
印刷したものを入国時に審査官に見せてください。
パスポートと一緒に保管しておくといいと思います。

Q
印刷すると引換証の文字の一部が消えてしまいます。 
A

●パソコンでお試しください
●方法1:Adobe Reader の最新版をインストール(無料)して、印刷する。
●方法 2:JPGに変換してから印刷する。
 例えばこちらのサイトなどがあります。
 http://smallpdf.com/jp/pdf-to-jpg(Mac も Windows ともに対応)

カナダ入国準備

※既にカナダ国内にいる人※
①一度カナダ国外に出て(日本へ帰る/アメリカに行くなど)、再度カナダに入国する必要があります。
②カナダ出国時に現在のビザの有効期限が十分残っていることをご確認ください。(期限ぎりぎりの場合トラブルとなる場合があります。)
現在のビザの期限が切れる前に切り替え手続きをしてください。現在のビザが切れる前に手続きが終わらないと、不法滞在となってしまいます。
④コロナ禍においては、ワクチン接種のルールや入国に関する規定など別途ご確認ください。
★★2022年1月15日以降のカナダ入国について★★
ワーキングホリデービザの方もカナダ入国に際してワクチン接種が義務付けられています。Job Offer Letterは不要です。

持ち物

  • 印刷したPOEレター(許可通知=引換証)
  • パスポート
  • 資金証明
  • 保険加入証書
  • e-Medical(申請時に健康診断を受けた人)
  • ワクチン接種証明(Arrive Canにも登録)
    ※コロナ禍においては持ち物が変わる場合がございます。ご注意ください。

◆パスポート

ワーキングホリデービザは入国から1年間分発行されますが、
パスポートの期限が1年未満の場合、パスポートと同じ期間分しか発行されません。
パスポートの有効期限が十分残っているか確認してください。

●パスポートの有効期限が1年未満の場合
●有効期限がワーキングホリデー滞在予定期間をカバーしていない場合
は、パスポートの更新手続きを行ってから、
ワーキングホリデービザ発行手続きをしてください。

Q
引換証発行後にパスポートを新しくしました。大丈夫ですか?
A

はい、大丈夫です。
ビザを発行してもらう時には、新旧両方のパスポートを審査官に見せると手続きがスムーズです。
古いパスポートも忘れないようにしてください。

なお、上述のように、パスポートを更新した場合は、eTAの申請手続きが必要です。忘れずに行ってください。

◆資金証明

入国時に審査官が、最初の3か月を過ごすのに十分な資金(2500カナダドル(1ドル90円とすると22.5万円))を持っているかを確認するにあたり、カナダ入国1週間以内に発行された英文残高証明書の提示を求めることがあります。

◆保険加入

カナダ政府は、ワーキングホリデー渡航者への保険加入を義務付けています。
ビザに引き換える前に、現在加入なさっている保険が、
ワーキングホリデーの滞在期間のすべてをカバーしていることをご確認ください。

緊急医療保険+本国送還費用(repatriation、(returning you to your country in the event of severe illness, injury or death)が含まれている必要もあります。

Q
クレジットカード付帯の保険でもいいですか?
A

クレジットカード付帯の保険は通常90日などカバー期間が短いのでふさわしくありません。

Q
滞在期間をカバーしていないとどうなりますか?
A

保険未加入の場合、ワーキングホリデービザを発行してもらえなかったり、
加入期間が短い場合、保険と同期間分しかビザを発行してもらえなかったりします。
保険が理由でビザが短く発行された場合、後日訂正や変更はできません

Q
ワーキングホリデーが短く発行されたら後で変更や延長はできますか?
A

保険加入の不備が原因の場合、延長や変更訂正などは一切行えません。

Q
カナダ入国後に加入する州保険でもいいですか?
A

ビザ発行時に、保険加入が済んでいる必要があります。
カナダ政府は、IEC(ワーキングホリデーも含みます)でカナダに入国する人に対し、
・医療費
・入院費
・万一の時の本国帰国費用
がカバーされる保険に加入をする必要があるとしています。

◆eTAについて

ワーキングホリデーの許可通知発行時に、自動的にeTA番号が付与されます。
 →eTAとは? http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp
  アメリカ入国に必要はESTAとは異なります。


結果が出た後にパスポートを更新した場合は再度eTA申請手続きが必要です。

またこの場合は新旧両方のパスポートを持って入国してください。

※日本出国時に空港でeTAが確認できないと言われたら?
カナダ政府のシステム不具合により、空港スタッフが eTA 発行を確認できないことが多発しています。
空港にて「eTA がないから搭乗させることができない」など言われた場合は、
引換証にeTA番号が付与されていることを示してください。
平日であれば、カナダ大使館に問い合わせるよう空港職員に依頼してください。
→カナダ大使館【電話番号】:03-5412-6200【開館日時】:月曜日~金曜日・9:00~17:30

※カナダ政府側のミスにより、極稀に eTA 番号が付与されていないケースもございます。
この場合スマートフォンもしくはパソコンで【ご自身で】eTA を【その場で】申請します。
★eTA申請ページ:http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-start-ja.asp
通常は、結果が届くまで 5 分程度ですが、申請する時間なども配慮して、
30~60 分程度早めにチェックインカウンターへご到着になることをお勧めします

空港/国境での切り替え手続き

ビザを受け取ったら、
●必ず【その場で】
●ビザの有効期限が【入国日から 1 年間】あるかどうか
●名前などの個人情報が正しいかどうか
を確認してください。

誤りがあった場合は必ずその場で訂正を依頼してください。
その場から離れてしまうと、訂正手続きに、時間や費用がかかってしまいます。

よくあるオフィサーの間違い

  • 名前のスペルが違う
  • 男女が逆になっている
  • 有効期限が短い。
    →特に「入国から1年」ではなく「引換証の有効期限」が記載されてしまことが多いです!

ビザ見本ページをよく事前に確認しておいてください。

よくある質問

Q
ビザ原本を入手しました。今日から働けますか。
A

SIN(Social Insurance Number)が必要です。Service Canadaでお手続きください。

Q
ヘルスケア/チャイルドケアで働けますか。
A

カナダ政府指定の病院で健康診断を受け、以下の表記がビザの下部「Conditions」に記載されていなければ、可能です。

NOT AUTHORIZED TO WORK IN CHILDCARE, PRIMARY/SECONDARY SCHOOL TEACHING, HEALTH SERVICE FIELD OCCUPATIONS.

この記載がある場合は、ワーキングホリデービザの「Condition Change」の手続きが必要です。