未成年の方が必要な書類について

未成年の方が必要な書類について

未成年の方の場合、その年齢に応じて追加書類が必要となります。どの書類が必要になるかは担当より個別にご案内いたします。

戸籍謄本

ご本人とご両親およびご兄弟姉妹(いらっしゃる場合)の情報が含まれているものが必要です。
戸籍謄本のスキャン画像を提出してください。

戸籍謄本の翻訳について

  • 翻訳は、第三者による英訳で、翻訳証明の書面が必要となります。弊社で翻訳を手配いたします。(※翻訳費用のお支払いおよびお振込み先の情報につきましては、別途メールでお送りしたご案内をご確認ください。) 

翻訳に日数がかかりますと、残高証明の有効期限(1ヶ月)に間に合わなくなる恐れがありますので、
作成のご案内を差し上げました際には、早急にお取りかかりください。

Custodian(後見人)

Custodianとは未成年であるお子様の、カナダでの保護者・後見人役のことです。
後見人がカナダの公証役場で「後見人を引き受けます」という書類を
そしてご両親が日本の公証役場で「この人に後見人を依頼します」という書類を作成し、
他の書類と一緒にIRCCカナダ移民局(カナダ政府)へ提出します。

<公証の流れ>

  • 学校によって異なる場合もございますが、このような書類です。
    http://www.cic.gc.ca/English/pdf/pub/custodian-parent.pdf
    後見人が1ページ目をカナダの公証役場で公証してもらいます。


  • 後見人が作成した書類に基づき、弊社にてご両親に公証役場にお持ちいただく書類の必要事項を記載し、お送りします。
    記載されている事項(お名前のスペル、ご住所、電話番号、生年月日等)に誤りがないか必ずご確認下さい。
    誤りがあった場合には、すぐにお知らせ下さいますようお願い致します。
    公証後誤りが見つかった場合は、公証のし直しとなってしまいます。


  • 「後見人が公証手続きを終えた書類」「ご両親に公証をご依頼いただく書類」の2点をお送りします。
    ご両親そろって、日本の公証役場へお出かけになり、公証手続きをなさってください。
    留学なさるお子様は同行する必要はありません。


  • 公証が済みましたらスキャン画像をご提出ください。
    (原本はご入国時に備え、ご本人が保管なさってください。)

※学校等が後見人を引き受ける場合、上記とは異なる手順となる場合もあります。

全国公証役場所在地一覧
http://www.koshonin.gr.jp/sho.html

※公証役場へはご両親そろってお出かけください。
ご本人はお出かけいただく必要はありません。

※お出かけ前にお近くの公証役場に直接ご連絡の上、
必要書類、受付・営業時間についてご確認ください。
公証役場は一般的に平日のみの業務取扱いとなっています。
お仕事等でお忙しいかとは存じますが、残高証明書の有効期限(1か月)内に全ての書類が整えられるようご予定をお繰り合わせのうえ、お早目にお手続き下さい。

※公証書類は英文の書類です。和訳のご用意はございません。
英文の書類を公証してもらえる役場かどうかも、あらかじめご確認ください。

Consent Letter

お子様の渡航状況により、内容が異なります。
詳しくはメールにてご案内いたします。